> > パナソニックエコ、中国で新工場を稼働 熱交換気システムの生産を強化

パナソニックエコ、中国で新工場を稼働 熱交換気システムの生産を強化

新工場の全景(出所:パナソニック エコシステムズ)

パナソニック エコシステムズ(愛知県春日井市)は8月11日、パナソニック エコシステムズ広東有限公司とともに、中国の広東省佛山市順徳区にて、換気を行う熱交換気システム、空気清浄機などIAQ(室内空気質)機器の新工場を建設し、稼働・出荷を開始したと発表した。中国におけるこの商品分野の工場としては同社にとって2カ所目。今後は熱交換気システムを2021年度12万台生産し、23年度には20万台を目指すとしている。

同社によると、新たに稼働する「順徳第一分工場」における生産は、熱交換気システムや送風機器から開始し、2022年度に創新システム(加湿・除湿機能とエアコンを連動させた新しい空質・空調システム)、2023年度には水浄化システムへと拡大する計画で、生産した機器は、中国国内だけではなく、アジア・中東・北米・日本にも輸出し、グローバル生産拠点として展開していく予定だ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 35 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.