日本鋳造、本社と川崎工場を再エネ由来電力へ切り替え CO2排出34%削減

  • 印刷
  • 共有

JFEグループの日本鋳造(神奈川県川崎市)は9月24日、本社と川崎工場で使用する購入電力を、7月1日から全てCO2排出量ゼロ(排出係数が0.000kg‐CO2/kWh)の、再エネ由来の非化石証書を使用した電力に切替えたと発表した。

これにより、本社・川崎工場での電力使用で年間約3,500トン排出していたCO2をゼロにできる見込み。同社全体(川崎工場・池上工場・福山製造所)のCO2総排出量の34%に当たるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報