> > 日比谷アメニス、再エネ100%の公園管理を開始 Looopが供給

日比谷アメニス、再エネ100%の公園管理を開始 Looopが供給

(出所:日比谷アメニス)

日比谷アメニス(東京都港区)は9月27日、指定管理者として運営する豊島区立としまみどりの防災公園(愛称:IKE・SUNPARK/東京都豊島区)で利用する電力について、小売電力事業者のLooop(東京都台東区)を通じ再生可能エネルギー100%の電力に切り替えたと発表した。

日比谷アメニスグループが2018年に発表した「環境宣言」に基づき、今後、管理する他の全ての公園においても電力の切り替えを進める方針だ。さらに、都内の卒FIT電源や電源調達を通じた同業他社との連携、来園者への再エネの普及啓発も行い、造園建設業としての環境に対する取り組みを推進する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.