ブラザー、水素上空輸送の実証事業を今年も開始 22年の社会実装目指す

  • 印刷
  • 共有
2020年度実証実験場の様子(出所:ブラザー工業)
2020年度実証実験場の様子(出所:ブラザー工業)

ブラザー工業(愛知県名古屋市)は10月4日、福島県浪江町より、上空にパイプラインを敷設して低圧の水素を送る「水素柱上パイプライン輸送実証事業」を今年も受託したと発表した。

2年目となる2021年度は、2022年度の社会実装を目標として、前年度同様、巴商会(東京都大田区)と横浜国立大学(神奈川県横浜市)とともに、3者共同企業体でさらなる実証実験を行う。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報