住友生命、ブラックロックへの再エネ向けファンドに約55億円投資

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

住友生命保険(大阪府大阪市)は10月1日、米国資産運用会社大手のブラックロックが運用する、新興国における再生可能エネルギー関連施設への投資を行う官民協働のインフラファンドに約55億円(50百万米ドル)投資することを決定したと発表した。

このファンドは、アジア、南米、アフリカ等の新興国において建設・運営される、太陽光・風力などの再生可能エネルギー関連施設(発電施設、蓄電・送配電施設等の付随施設)を投資対象とする。住友生命保険は、今後、人口増加や経済成長に伴いエネルギー需要の拡大が見込まれる新興国の低炭素社会への移行に資すると考えて投資することとした。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報