> > 需要予測AI・青果物サプライチェーン最適化で共同開発 DATAFLUCT

需要予測AI・青果物サプライチェーン最適化で共同開発 DATAFLUCT

クリックで拡大します
需要予測サービスの提供イメージ(出所:DATAFLUCT)

データサイエンスで企業と社会の課題解決を目指すDATAFLUCT(東京都渋谷区)は9月30日、酒類・食品卸業の国分グループ本社(東京都中央区)と資本業務提携に関する基本合意を締結した。合意に基づき。需要予測AIと、青果物サプライチェーン最適化に向けた共同開発を推進する。

基本合意の内容は主に以下の3点。

  • DATAFLUCTのAI技術を活用した需要予測システムを国分グループの汎用、専用物流センターに導入の上、受発注や在庫管理の高度化、精度向上により在庫削減を実現する
  • 青果を中心とした生鮮食品のサプライチェーンにおけるイノベーション創造を実現するための共同事業化に向けた検討を開始する
  • 2021年度中のDATAFLUCTへの出資を含む資本業務提携契約を締結する

食品流通においては、生産、出荷、流通、加工・販売、消費などの商流・物流が多岐に渡るため、サプライチェーンの各過程における需要予測が難しく、その過程で食品ロスが発生しているという現状があるという。DATAFLUCTは

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 62 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.