すかいらーく、持ち帰り・宅配用カトラリーを木製に バイオプラから切り替え

  • 印刷
  • 共有
木製カトラリー(出所:すかいらーくホールディングス)
木製カトラリー(出所:すかいらーくホールディングス)

すかいらーくホールディングス(東京都武蔵野市)は10月5日、プラスチック使用量削減の取り組みとして、すかいらーくグループ各店舗の持ち帰り・宅配用のカトラリー(スプーン・フォーク・ナイフ)をバイオマスプラスチックから木製に変更すると発表した。紙製の包装に入れたものを希望する顧客へ提供する。2022年1月からグループ約3000 店舗で順次切り替える。

同グループでは、環境経営目標として「CO2排出量を2030年までに2018年比25%削減 、2050年までに実質ゼロにする」「使い捨てプラスチック使用量を2026年までに2020年比50%削減、2030年までに石油由来プラスチック比率をゼロにする」としている。同社によれば今回の取り組みで、使い捨てバイオマスプラスチック製カトラリーの使用量を75%削減(2020年比)し、プラスチック使用量を86トン削減する効果を見込んでいるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報