> > すかいらーく、持ち帰り・宅配用カトラリーを木製に バイオプラから切り替え

すかいらーく、持ち帰り・宅配用カトラリーを木製に バイオプラから切り替え

木製カトラリー(出所:すかいらーくホールディングス)

すかいらーくホールディングス(東京都武蔵野市)は10月5日、プラスチック使用量削減の取り組みとして、すかいらーくグループ各店舗の持ち帰り・宅配用のカトラリー(スプーン・フォーク・ナイフ)をバイオマスプラスチックから木製に変更すると発表した。紙製の包装に入れたものを希望する顧客へ提供する。2022年1月からグループ約3000 店舗で順次切り替える。

同グループでは、環境経営目標として「CO2排出量を2030年までに2018年比25%削減 、2050年までに実質ゼロにする」「使い捨てプラスチック使用量を2026年までに2020年比50%削減、2030年までに石油由来プラスチック比率をゼロにする」としている。同社によれば今回の取り組みで、使い捨てバイオマスプラスチック製カトラリーの使用量を75%削減(2020年比)し、プラスチック使用量を86トン削減する効果を見込んでいるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 53 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.