JR東日本ホテルズ、ヘアブラシ等ワンウェイプラ製品8品目で素材変更・廃止

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
メトロポリタンホテルズで現在使用している「ワンウェイプラスチック製品」(出所:JR東日本ホテルズ)
クリックで拡大します メトロポリタンホテルズで現在使用している「ワンウェイプラスチック製品」(出所:JR東日本ホテルズ)

JR東日本ホテルズ(幹事会社:日本ホテル/東京都豊島区)は10月8日、国内のJR東日本ホテルズに加盟する56ホテル9,078室で使用しているワンウェイプラスチック製品計8品目について、2022年3月までにすべて代替素材に変更、または廃止すると発表した。

対象となるのは、「ヘアブラシ、くし、かみそり、シャワーキャップ、マドラー」と、レストランやショップ等でテイクアウト商品などに付与するワンウェイプラスチック製品の「フォーク、スプーン、ナイフ」。歯ブラシについては、代替素材の検討・検証を進めるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報