IHI、マレーシアで石炭火力へのアンモニア混焼検証・供給網構築へ調査開始

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
調査事業で想定するアンモニアサプライチェーンのイメージ(出所:IHI)
クリックで拡大します 調査事業で想定するアンモニアサプライチェーンのイメージ(出所:IHI)

IHI(東京都江東区)は10月7日、マレーシア国内の石炭火力発電所へのアンモニア混焼技術の適用検証と、再生可能エネルギー由来のグリーンアンモニアや天然ガス由来のブルーアンモニア製造を含むサプライチェーン全体での技術・経済性評価を目的とする実施可能性調査事業を開始したと発表した。調査期間は2022年2月まで。

マレーシア国営石油ガス会社・ペトロナス子会社でクリーンエネルギー供給をはじめとした総合的なエネルギーソリューションを提供するPETRONAS Gas & New Energy、マレーシア大手電力会社・TNB子会社で発電所を保有・運営を担うTNB Gencoと連携し、CO₂排出量削減を目的に実施する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報