> > 道内初、増改築によるホテルZEB化 北海道電力が参画

道内初、増改築によるホテルZEB化 北海道電力が参画

「とうや湖鶴雅リゾート 洸の謌」完成予想図(出所:北海道電力)

北海道電力(北海道札幌市)は10月7日、2023年の竣工を予定する鶴雅リゾート(同釧路市)の新ホテル「とうや湖鶴雅リゾート 洸の謌(ひかりのうた) 増改築工事」(北海道有珠郡壮瞥町)がZEB Readyを達成すると発表した。同ホテルは既存の宿泊施設を増改築し、新たにリゾートホテルとして開業する。増改築によるホテルのZEB実現は道内初の事例だという。

北海道電力はZEBプランナーとして同ホテルの開発計画に参画。これまでのZEBコンサルの知見を活かし、鶴雅リゾートと設計会社の遠藤建築アトリエ(同札幌市)に対し、高効率空気熱ヒートポンプによる空調・給湯システムや高性能断熱材・窓の導入、クールヒートトレンチシステムなど、ZEB実現のための省エネ手法を提案した。これにより、同ホテルは基準値と比較し、設計値で1次エネルギー消費量51%削減を実現した。また、同社は竣工後のエネルギー分析や現地の省エネルギー診断を通じて、運用面における省エネのサポートも行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.