> > 日本板硝子、カナダ事業所に蓄電システム設置 グループ初

日本板硝子、カナダ事業所に蓄電システム設置 グループ初

蓄電システムはピーク時間が予測されると、送電網からコリングウッド工場に供給される電力を削減する(出所:日本板硝子)

日本板硝子(東京都港区)は10月8日、エネルギー消費量とCO2排出量削減を目的に、Convergent Energy + Power社(米国)と提携して、グループ初の蓄電システムをカナダオンタリオ州のコリングウッド事業所に設置したと発表した。

同蓄電システムは、出力5MW、容量10MWhで、すでに同年上半期からフル稼働しているという。Convergentの独自ソフトウエアであるPEAK IQを使用して、最もコストが高くまたCO2排出量の大きい、送電網電力の消費ピーク時間帯に、工場の電力消費を低減する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.