> > ENEOS、再エネ大手JREを2000億円で買収 

ENEOS、再エネ大手JREを2000億円で買収 

ENEOSホールディングス(東京都千代田区)は10月11日、再生可能エネルギー大手のジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE/東京都港区)を約2000億円で買収すると発表した。

子会社のENEOS(東京都千代田区)が、ゴールドマン・サックスのアセット・マネジメント部門が運用するインフラファンドとシンガポール政府投資公社の関連会社(GIC)が間接的に保有するJREの全株式を取得することを決定した。契約締結日は10月11日で、株式譲渡実行日は2022年1月下旬頃を予定。この株式の取得により、JREはENEOSの子会社となる予定。

脱炭素・循環型社会に向けて事業構造を変革

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.