> > ICEF2021開催 CN実現へデジタル技術など5つの分野で活発な議論

ICEF2021開催 CN実現へデジタル技術など5つの分野で活発な議論

会議の様子(出所:経済産業省)

経済産業省と新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)は10月6日・7日の2日間、第8回 「Innovation for Cool Earth Forum(ICEF)2021」をオンラインで開催した。なお、今回は経産省によるカーボンニュートラルや、ビヨンド・ゼロに向けたエネルギー・環境関連の国際会議を集中開催する「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク2021」の取り組みの一環として行われた。

今回の「ICEF 2021」は、2050年カーボンニュートラルに向けた現実的な議論を焦点に置き、政府・国際機関・産業界・学術界から、87カ国・地域の2,000人以上が参加し、11のセッションで議論を展開した。

CN実現には政府、民間など、すべての利害者の協力が不可欠

これまでに120カ国以上がカーボンニュートラルを達成する意向を表明している一方で、国際エネルギー機関(IEA)によれば、COVID-19 の感染拡大によって2020年の二酸化炭素の排出は一時的に減少したが、再び増加し始めているという。

また、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.