アステラス製薬、世界初・医薬品包材用PTPシートにバイオマスプラ採用

  • 印刷
  • 共有
一般的なPTPシート(出所:アステラス製薬)
一般的なPTPシート(出所:アステラス製薬)

アステラス製薬(東京都中央区)は10月11日、医薬品の一次包装である PTP(Press Through Pack)シートに植物由来の原料から作るバイオマスプラスチックの採用を開始すると発表した。同社によると、医薬品包材用PTPシートへのバイオマスプラスチッ採用は世界初だという。

同PTPシートはサトウキビ由来のポリエチレンを原料の50%に使用。2021年度中に日本国内向けの下痢型過敏性腸症候群治療剤「イリボー(R)錠 5μg」(一般名:ラモセトロン塩酸塩)から採用を開始する。今後、他の製品についても従来の石油由来プラスチック製PTPシートから、同PTPシートへの切り替えを検討する。さらにサステナビリティの観点でより優れた包装材料の活用に取り組んでいく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報