> > 不二製油、副生物の「大豆ホエイ」を土壌浄化剤に

不二製油、副生物の「大豆ホエイ」を土壌浄化剤に

ソイビオMA(出所:不二製油)

不二製油(大阪府泉佐野市)は10月12日、汚染土壌対策の分野で、大豆ホエイを原料とした資源循環型のバイオレメディエーション(微生物の作用で環境汚染を修復する技術)用浄化促進剤「ソイビオMA」(販売代理店:昭栄薬品)の販売を開始した。

これまで飼料用途などで限定的に利用されていた大豆ホエイだが、揮発性有機化合物質(VOCs)や油に汚染された工場敷地内などの土壌のバイオレメディエーションに有効だと認められている。「ソイビオMA」は従来の土壌改良薬剤単価の6~7割程度であるため、薬剤費のトータルコストの低減が可能になるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.