> > オリックスと東大、再エネ地産地消促進へトラッキングシステムの共同研究

オリックスと東大、再エネ地産地消促進へトラッキングシステムの共同研究

(出所:オリックス)

オリックス(東京都港区)と東京大学大学院工学系研究科(東京大学/東京都文京区)は10月13日、福島県会津若松市において、ブロックチェーン技術を活用し、電力の需給予測モデルの構築に向けた共同実証実験を開始すると発表した。

両者は、再生可能エネルギーの地産地消を促進するため、2019年9月よりブロックチェーン技術を活用した、電力の供給から消費に至るまでの履歴を証明するトラッキングシステムについて研究を進めている。今回の取り組みでは、トラッキングシステムとAI技術を活用し、施設の電力需要と地域内の再生可能エネルギーによる発電量の需給予測モデルを開発する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 73 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.