ヤンマー子会社、世界初・船舶への70MPa高圧水素充填を実施

  • 印刷
  • 共有
大阪湾を試験航行する水素燃料電池試験艇(出所:ヤンマーパワーテクノロジー)
大阪湾を試験航行する水素燃料電池試験艇(出所:ヤンマーパワーテクノロジー)

ヤンマーパワーテクノロジー(大阪府大阪市)は10月13日、燃料電池システムを搭載した実証試験艇で、世界初となる船舶への70MPa高圧水素充填を行い、大阪・関西万博会場予定地と市内沿岸部の観光地を結ぶ航路での航行試験を実施したと発表した。

今回の70MPa高圧水素充填は、特別に許可を得た高圧充填設備と新たに試作した長尺の水素充填ホース設備を使用し、豊田通商(愛知県名古屋市)と共同で実施した。これまでの充填方式と比べて航続時間は3倍以上となり、より実運用に近い航行が可能であることが確認されたという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報