日本ガイシ、海外拠点の全電力を再エネ由来に切り替え 2025年度までに

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

日本ガイシ(NGK/愛知県名古屋市)は10月14日、海外拠点で使用する電力の全量を、2025年度までに再生可能エネルギー由来に切り替える方針を発表した。これにより、2025年度時点でNGKグループの使用電力の約6割が再生可能エネルギー由来となる見込みで、年間約33万トンのCO2の削減に貢献する。

NGKグループは、2021年4月に策定した「NGKグループ環境ビジョン」で、2030年度のCO2排出量を2013年度比で50%削減し、2050年までにネットゼロを目指すことを掲げている。目標実現のため「カーボンニュートラル戦略ロードマップ」を策定し、マイルストーン(中間目標)として、2025年度の排出量を2013年度比で25%削減することを設定している。今回の取り組みにより、中間目標を達成する見込み。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報