岐阜県と中部電力ミライズが協定締結 県内企業の脱炭素化を後押し

  • 印刷
  • 共有
岐阜県産CO2フリー電気による県内企業の脱炭素化に関する協定概要図(出所:岐阜県)
岐阜県産CO2フリー電気による県内企業の脱炭素化に関する協定概要図(出所:岐阜県)

岐阜県は10月15日、脱炭素化による県内企業の価値向上を目指す取り組みの一環として、中部電力ミライズ(愛知県名古屋市)と、「岐阜県産CO2フリー電気による県内企業の脱炭素化に関する協定」を同月22日に締結すると発表した。なお、十六銀行(岐阜県岐阜市)が同協定に基づく岐阜県産CO2フリー電気の導入企業第1号として11月1日より利用を開始する。

両者が交わした協定の内容は、以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報