全日空、航空輸送のCO2削減へ日通らと連携 SAF等活用の新プログラム

  • 印刷
  • 共有
(出所:全日本空輸)
(出所:全日本空輸)

全日本空輸(ANA/東京都港区)は10月14日、持続可能な航空燃料SAF(Sustainable Aviation Fuel)等の活用を通じて航空輸送のCO2排出量削減に取り組み、貨物輸送や出張等で利用するすべての顧客のCO2削減に貢献することを目的とした新プログラム「SAF Flight Initiative: For the Next Generation」を立ち上げたと発表した。

物流・貨物事業社大手の日本通運(東京都港区)、近鉄エクスプレス(同)、郵船ロジスティクス(同・品川区)が参画を表明し、第1弾の取り組みとして、9月29日にSAFを使用した貨物便を共同で実施した。顧客と共にSAFを使用したフライトを運航するのは日本の航空会社として初めて。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報