長崎県初・CO2実質ゼロオフィスビルが誕生 JR西日本プロパティーズ

  • 印刷
  • 共有
物件写真(出所:JR西日本プロパティーズ)
物件写真(出所:JR西日本プロパティーズ)

不動産分譲・賃貸事業およびホテル・レジャー事業などを手がけるJR西日本プロパティーズ(東京都港区)は10月15日、同社が保有の賃貸オフィスビル「Jプロ新大工ビル(長崎市伊勢町)」で使用する電力を再生可能エネルギーに切り替え、CO2 実質ゼロオフィスビル を実現したと発表した。長崎県内およびJR西日本グループの賃貸オフィスビルでは初めての取り組みとなる。

また同日、同社九州支社が、事業で使用する全電力を五島産および再生可能エネルギーに変える「五島版RE100」の取り組み趣旨に賛同し、五島版RE100 認定委員会から、第一次認定事業者の認定を受けたと発表した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報