NTTコム 欧州GAIA-X対応、国際データ流通PFの共同トライアル開始

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
トライアルのイメージ(出所:NTTコミュニケーションズ)
クリックで拡大します トライアルのイメージ(出所:NTTコミュニケーションズ)

NTTコミュニケーションズ(東京都千代田区)は10月14日、欧州「GAIA-X」に対応し、企業間の安全なデータ流通を実現する国際データ流通プラットフォームの日欧のパートナー企業・団体と連携した共同トライアルを2021年10月より開始すると発表した。期間は2022年3月までを予定。

同社は2021年4月、欧州が自国・地域のデータ主権保護を目的に開発中のデータ流通基盤「GAIA-X」を構成する技術標準「IDS」の、コア技術「IDSコネクター」との相互接続を実現するプラットフォームのプロトタイプを開発することに成功。この成果をもとに、「IDS」と企業間の安全なデータ流通を実現する、同社のトラストデータ基盤「withTrust(R)」を連携させるセキュアな国際データ流通プラットフォームのプロトタイプを新たに開発し、今回、共同トライアルを開始する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報