> > NTTコム 欧州GAIA-X対応、国際データ流通PFの共同トライアル開始

NTTコム 欧州GAIA-X対応、国際データ流通PFの共同トライアル開始

クリックで拡大します
トライアルのイメージ(出所:NTTコミュニケーションズ)

NTTコミュニケーションズ(東京都千代田区)は10月14日、欧州「GAIA-X」に対応し、企業間の安全なデータ流通を実現する国際データ流通プラットフォームの日欧のパートナー企業・団体と連携した共同トライアルを2021年10月より開始すると発表した。期間は2022年3月までを予定。

同社は2021年4月、欧州が自国・地域のデータ主権保護を目的に開発中のデータ流通基盤「GAIA-X」を構成する技術標準「IDS」の、コア技術「IDSコネクター」との相互接続を実現するプラットフォームのプロトタイプを開発することに成功。この成果をもとに、「IDS」と企業間の安全なデータ流通を実現する、同社のトラストデータ基盤「withTrust(R)」を連携させるセキュアな国際データ流通プラットフォームのプロトタイプを新たに開発し、今回、共同トライアルを開始する。

同トライアルの成果をもとに、国際データ流通プラットフォームの商用版を2022年度上期に提供予定。これにより同社は、グローバルサプライチェーンを構成する企業・団体が、工場の機器データ、受発注情報、製品ライフサイクルのCO2や廃棄物の排出量データなどを「GAIA-X」や「withTrust」を介して安全にデータ流通できるようにする。これにより産業の効率化・脱炭素・資源循環など持続可能な社会の実現にデータ流通の面から貢献するとしている。

実験の内容

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.