> > 日清食品、国内初・海洋プラスチックを素材の一部に活用したパレットを導入

日清食品、国内初・海洋プラスチックを素材の一部に活用したパレットを導入

利用スキーム(出所:日清食品)

日清食品(東京都新宿区)は10月18日、海辺などに廃棄されたプラスチックごみをリサイクルして素材の一部に活用したプラスチックパレットを、製品の輸送、保管の際に用いる荷役台として国内企業で初めて導入すると発表した。2021年11月から順次使用を開始する。

同社が導入するリサイクル型のプラスチックパレットは、海へ流れ出る前に海辺などで回収されたプラスチックごみ(オーシャン・バウンド・プラスチック)を素材の一部に活用したもので、同社は同パレットの使用により、さらなる環境負荷の低減を図っていく考ええだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.