トヨタ、米国での車載用電池生産に約3800億円投資 25年に電池工場稼働

  • 印刷
  • 共有

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は10月18日、カーボンニュートラルの実現に向けて、一層の電動化を推進するため、米国において2030年までに、車載用電池の現地生産に約3,800億円(約34億ドル)を投資すると発表した。

その第一歩として、トヨタの北米事業体であるToyota Motor North America(TMNA)が、豊田通商(愛知県名古屋市)とともに米国で新会社を設立し、電池工場を新設する。2025年からの稼働を目指す。このプロジェクトでは2031年までに、用地・建物の費用を含め、約1,430億円(約12億9,000万ドル)の投資と、現地での新規雇用1,750人を見込んでいる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報