> > ユニチカトレーディング、環境配慮型ポリエステル繊維への切り替えを推進

ユニチカトレーディング、環境配慮型ポリエステル繊維への切り替えを推進

ユニチカトレーディング(大阪市中央区)は10月18日、同社が展開する環境配慮型素材ブランド「サステナブル・エコフレンドリーマーク」対象素材を拡大させると発表した。同社が生産するセミダルポリエステル繊維にPETボトルリサイクル原料を使用し、環境配慮型ポリエステル繊維への切り替えを推進する。

対象素材は、同社が生産するセミダルポリエステルチップを使用する全ての繊維(すでに生産・販売している環境配慮型素材を除く)。現在、バージンポリエステルチップを使用して生産している全てのセミダルポリエステル繊維について、PETボトルリサイクルチップを10%含有させた環境配慮型ポリエステル繊維に、10月1日生産分から順次切り替える。なお、切り替えによる繊維特性(物性、染色性等)への影響はないという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.