> > 大阪ガスと大王製紙、石灰焼成炉で天然ガスと重油混焼 排出量1.9万t削減

大阪ガスと大王製紙、石灰焼成炉で天然ガスと重油混焼 排出量1.9万t削減

LNGサテライト基地(出所:大阪ガス)

大阪ガス(大阪府大阪市)の100%子会社のDaigasエナジー(同)は10月15日、大王製紙(東京都千代田区)の三島工場(愛媛県四国中央市)に設置されている石灰焼成キルンにおいて、天然ガスと重油の混焼によるCO2排出削減を実現したと発表した。削減量は年間約1.9万トンを見込む。

石灰焼成キルンは、クラフトパルプ製造工程で使用する石灰を焼成して再利用する設備。大阪ガスのガスアトマイズ燃焼技術を使用し、同設備の重油燃料の約30%を天然ガスに転換し、エネルギー原単位の改善効果とCO2排出量削減効果の最大化を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.