三菱重工エンジ、CO2回収液に関する実証実験完了 回収率最大99.8%

  • 印刷
  • 共有
モングスタッドCO2回収技術センター(TCM)(出所:三菱重工)
モングスタッドCO2回収技術センター(TCM)(出所:三菱重工)

三菱重工エンジニアリング(MHIENG/神奈川県横浜市)は10月19日、ノルウェーにある世界最大級CO2回収実験施設で実施していた実証試験において、新たなCO2吸収液「KS-21TM」で、排ガスからのCO2回収率が最大99.8%に到達したと発表した。

このMHIENG独自のCO2吸収液の商用化に向けた実証試験は、ノルウェーのモングスタッドCO2回収技術センター(TCM)で2021年5月初旬から8月末まで実施された。実証試験が終了し、MHIENGが関西電力(大阪府大阪市)と新たに開発したCO2分離・回収プロセスに用いる吸収液「KS-21」の技術優位性を証明する有益なデータを取得したという。これにより「KS-21」の商用化が完了し、今後拡販を進めていく。英国・欧州市場においてCO2回収事業の受注拡大を目指していく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報