三井住友海上、「地域共生型」の再エネ発電事業会社に出資

  • 印刷
  • 共有
 クリックで拡大します
イメージ図(出所:三井住友海上火災保険)
クリックで拡大します イメージ図(出所:三井住友海上火災保険)

三井住友海上火災保険(東京都千代田)は10月19日、再生可能エネルギー発電事業に関する保険の引受ノウハウの高度化を図り、より最適な商品・サービスの提供を目的に、地域共生型再エネ発電事業を行う会社に出資し、実証実験を開始すると発表した。

まち未来製作所(神奈川県横浜市)、東松島みらいとし機構(宮城県東松島市)等と共同で、地域共生型再エネ発電事業会社へ出資する。この事業会社では、エネルギーの地産地消、地域への収益還元、災害に強いレジリエントな街づくりに貢献し、地域との共生を目指していく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報