> > 三井住友海上、「地域共生型」の再エネ発電事業会社に出資

三井住友海上、「地域共生型」の再エネ発電事業会社に出資

クリックで拡大します
イメージ図(出所:三井住友海上火災保険)

三井住友海上火災保険(東京都千代田)は10月19日、再生可能エネルギー発電事業に関する保険の引受ノウハウの高度化を図り、より最適な商品・サービスの提供を目的に、地域共生型再エネ発電事業を行う会社に出資し、実証実験を開始すると発表した。

まち未来製作所(神奈川県横浜市)、東松島みらいとし機構(宮城県東松島市)等と共同で、地域共生型再エネ発電事業会社へ出資する。この事業会社では、エネルギーの地産地消、地域への収益還元、災害に強いレジリエントな街づくりに貢献し、地域との共生を目指していく。

具体的には、各地で再エネ発電設備と蓄電池を所有・管理し、再エネの普及を推進する。再エネは、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.