日本ガイシ、BASFのアントワープ拠点でNAS電池が運用開始

  • 印刷
  • 共有
(出所:日本ガイシ)
(出所:日本ガイシ)

日本ガイシ(愛知県名古屋市)は10月20日、総合化学メーカーBASF(ドイツ)のアントワープ拠点(ベルギー)に納入した電力貯蔵用NAS電池が運用を開始したことを発表した。最大出力1,000kW、容量5,800kWh、コンテナ型NAS電池4台で構成。アントワープにあるBASFの大規模なフェアブント(統合生産拠点)で電力網に接続され、9月30日から運用を開始した。

同事業は、BASFの子会社であるBASF New Business GmbH (ドイツ)から受注した。なお本件は、BASFへのNAS電池設置の第1号案件だという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報