> > 三井住友トラストG、50年までに投融資ポートフォリオのGHG排出実質ゼロ

三井住友トラストG、50年までに投融資ポートフォリオのGHG排出実質ゼロ

三井住友トラスト・ホールディングス(東京都千代田区)は10月20日、投融資ポートフォリオのGHG排出量について、2050年までにネットゼロを目指すことなどを含む「カーボンニュートラル宣言」を発表した。同宣言を着実に推進するため、UNEP FI(国連環境計画金融イニシアティブ)が設立した銀行業界のアライアンス「Net Zero Banking Alliance(NZBA)」に加盟した。

NZBAは投融資ポートフォリオのGHG排出量を2050年までにネットゼロとする目標を掲げる。加盟金融機関はNZBAが定めるガイドラインに従って、中長期のGHG排出量削減目標を設定しその進捗状況を報告することが求められる。三井住友トラスト・ホールディングスは、2050年ネットゼロを達成するための2030年までの中間目標について、NZBAの枠組みに即し2022年度中に作成するという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.