> > イオンモール、サステナビリティ・リンク・ボンド発行 200億円規模

イオンモール、サステナビリティ・リンク・ボンド発行 200億円規模

イオンモール(千葉県千葉市)は10月22日、ESG(環境、社会、ガバナンス)関連債券のひとつであるサステナビリティ・リンク・ボンドを発行すると発表した。発行額は200億円程度、発行年限は5年で、11月の発行を予定している。

サステナビリティ・リンク・ボンドとは、あらかじめ定められたサステナビリティ目標(SPT)を達成するか否かによって条件が変化する債券である。今回、同社はSPTとして、2025年度末における国内の全イオンモールで使用する電力のCO2フリー化を設定した。この目標が未達となった場合は、2026 年10 月末までに発行額の0.2%を寄付する。なお現時点での寄付先の候補としては、イオン環境財団を想定している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 44 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.