> > 凸版印刷、工場の環境データを自動収集 保全業務負荷を2割削減

凸版印刷、工場の環境データを自動収集 保全業務負荷を2割削減

クリックで拡大します
環境データ自動収集システムの導入により効率化される点検・保守業務イメージ(出所:凸版印刷)

凸版印刷(東京都文京区)は10月26日、自社の工場において、排水の水位や水素イオン濃度などを始めとする環境データを自動収集するシステムを構築したと発表した。同システムの導入により、同社工場では環境保全業務の負荷を約20%程度軽減できると見込む。これにより能動的な環境保全活動への人的リソースの割り当てが可能となるため、工場全体のリスクマネジメント強化を図る考え。

2021年10月現在、同社グループの国内10工場において同システムの導入を進めている(導入検討中を含む)。今後も各製造拠点への展開を推進して行くという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.