> > ファミマ 再エネ活用、都市ガス由来のCO2フリー水素をFC小型トラックに

ファミマ 再エネ活用、都市ガス由来のCO2フリー水素をFC小型トラックに

FC小型トラックのイメージ画像
(出所:ファミリーマート)

ファミリーマート(東京都港区)は11月8日から、水素を燃料とした燃料電池小型トラック(FC小型トラック)の走行実証を愛知県岡崎市を中心としたエリアで開始する。同トラックの燃料として、東邦ガス(愛知県名古屋市)が供給する、地産再生可能エネルギーを活用した都市ガス由来のCO2フリー水素を使用する。

この燃料は、豊田市内などの中部地域で創出された再生可能エネルギー由来のCO2削減価値を活用し、都市ガスから水素を製造する際に排出されるCO2全量をオフセットした水素。地産再エネを活用した都市ガス由来のCO2フリー水素を、FC小型トラックの走行実証に使用するのは国内初の試みだという。

実証実験は、ファミリーマート岡崎定温センター(愛知県岡崎市)を起点とした岡崎市、豊田市、安城市内のファミリーマート約30店への店舗配送コースで実施する。弁当やおむすび、パンなどの中食を中心とした商品を1日3便配送する。

実証を通じて、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.