ファミマ 再エネ活用、都市ガス由来のCO2フリー水素をFC小型トラックに

  • 印刷
  • 共有
FC小型トラックのイメージ画像
(出所:ファミリーマート)
FC小型トラックのイメージ画像 (出所:ファミリーマート)

ファミリーマート(東京都港区)は11月8日から、水素を燃料とした燃料電池小型トラック(FC小型トラック)の走行実証を愛知県岡崎市を中心としたエリアで開始する。同トラックの燃料として、東邦ガス(愛知県名古屋市)が供給する、地産再生可能エネルギーを活用した都市ガス由来のCO2フリー水素を使用する。

この燃料は、豊田市内などの中部地域で創出された再生可能エネルギー由来のCO2削減価値を活用し、都市ガスから水素を製造する際に排出されるCO2全量をオフセットした水素。地産再エネを活用した都市ガス由来のCO2フリー水素を、FC小型トラックの走行実証に使用するのは国内初の試みだという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報