> > マイクロソフト、脱炭素の進捗をリアルタイム計測 クラウドサービスを公開

マイクロソフト、脱炭素の進捗をリアルタイム計測 クラウドサービスを公開

Microsoft Cloud for Sustainability(出所:マイクロソフト)

米マイクロソフトは米国時間10月27日、企業が温暖化ガス排出を管理するためのクラウドサービス「Microsoft Cloud for Sustainability」のパブリックプレビュー版を公開した。

同サービスは、工場の操業や輸送、製品の設計変更といった企業活動に伴う二酸化炭素の排出量を記録、報告、削減するもので、ほぼリアルタイムで脱炭素の進捗状況が把握できる。これまで企業にとって課題であった計測が容易になる。なお当面は無料で利用できる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 50 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.