> > 西部ガス、業務用ボイラーのCO2削減量でJクレジット創出 受付開始

西部ガス、業務用ボイラーのCO2削減量でJクレジット創出 受付開始

クリックで拡大します

取り組みのイメージ図(出所:西武ガス)

西部ガス(福岡県福岡市)は11月1日から、西部ガスグループが販売する都市ガス・LPガス・LNG(液化天然ガス)を燃料とする業務用ボイラーを使用している顧客を対象に、国が認証する「J-クレジット制度」を活用した、CO2排出量削減に関する取り組みを開始する。

顧客が重油などの燃料から、都市ガスやLPガス、LNGなどへの燃料転換により削減したCO2排出量を取りまとめて認証申請し、J-クレジットを創出する。また、顧客に対しては、削減したCO2排出量に応じた金額を還元するという。

また、同取り組みの開始にあたり、新たに「西部ガス カーボンリデュースクラブ(ボイラー)」を創設し、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 48 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.