> > ホンダ、インドで電池シェアリングサービス事業開始 電動三輪タクシー向け

ホンダ、インドで電池シェアリングサービス事業開始 電動三輪タクシー向け

Honda Mobile Power Pack Exchanger e:(量産予定機)とE-AUTOリキシャ(出所:本田技研工業)

本田技研工業(ホンダ/東京都港区)は10月29日、新型の着脱式可搬バッテリー「Honda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパックイー)」を用いたインドの電動三輪タクシー(リキシャ)向けのバッテリーシェアリングサービス事業を開始すると発表した。事業開始は2022年前半を予定している。

このサービスは、街中に設置された最寄りのバッテリー交換ステーションで、電池残量の少なくなったモバイルパワーパックe:を満充電のものと交換できるというもの。リキシャのドライバーは同サービスを利用することで、電池切れの心配や、充電待ちで利用客を失うリスクを大幅に軽減することができる。

同社は、サービス開始にあたり、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.