三井住友海上、東京住友ツインビルディング西館に再エネを導入

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
(出所:三井住友海上火災保険)
クリックで拡大します (出所:三井住友海上火災保険)

三井住友海上火災保険(東京都千代田区)は10月29日、2040年度カーボンニュートラル達成に向けた取り組みとして、グループ各社が入居する東京住友ツインビルディング西館の使用電力を、再生可能エネルギー由来の電力に切り替えたと発表した。同社は風力発電とバイオマス発電を組み合わせることで、再エネの安定調達を目指す。

再エネ導入のスキームは、次の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報