> > JFEエンジ、前橋市清掃工場の余剰電力を自己託送 CO2と電気料金削減

JFEエンジ、前橋市清掃工場の余剰電力を自己託送 CO2と電気料金削減

自己託送の仕組み(出所:JFEエンジニアリング)

JFEエンジニアリング(東京都千代田区)は10月29日、100%子会社の新電力・アーバンエナジー(神奈川県横浜市)、前橋市の3者協働で、同市六供清掃工場の余剰電力を活用した自己託送実証事業を行うと発表した。

なお、自己託送を活用した電力供給を行うことで、今回の対象施設のCO2排出量が全体で約65%低減される見込みだという。電力料金も約10%低減する効果が見込まれている。

同実証事業では、六供清掃工場で発電した電力の一部を、一般送配電事業者が運営する送配電ネットワークを介して市の施設に直接供給(自己託送)する。これにより前橋市としてCO2排出量がより少ない電力の積極的な活用と

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 48 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.