> > 三菱自動車ら、地域郵便局での実証実験が始動 EV・急速充電器など活用

三菱自動車ら、地域郵便局での実証実験が始動 EV・急速充電器など活用

日本郵便仕様 ミニキャブ・ミーブ(出所:三菱自動車)

三菱自動車(東京都港区)は11月18日、日本郵政(東京都千代田区)、日本郵便(同)、東京電力ホールディングス(同)と共同で、カーボンニュートラル化を推進するための実証実験を本格的に開始したと発表した。実証では郵便局の集配用車両を電気自動車(EV)に切り替えるとともに、その際に整備する急速充電設備の一部を地域企業や来局者に利用してもらう。また、郵便局へ太陽光発電設備を設置・運用する。

実証実験では、小山郵便局(栃木県)と沼津郵便局(静岡県)で、三菱自動車製の軽商用EV「ミニキャブ・ミーブ」計20台が使用される。同社は走行データと電池残量の推移などのデータを取得・分析し、今後導入する郵便局の集配用EV車両や商用EV全体の走行性能の向上に取り組む。これにより、日本全体のEVの普及に貢献するとしている。

EV車両は順次配備 特定企業への充電サービスも

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.