> > 東電HD、法人向けにEVのグリーン電力充電サービス試験 急速充電器シェア

東電HD、法人向けにEVのグリーン電力充電サービス試験 急速充電器シェア

沼津郵便局に設置の試験的サービス提供用急速充電器(東京電力ホールディングス)

東京電力ホールディングス(東京都千代田区)は11月1日、電気自動車(EV)の導入を進める法人顧客を対象に、グリーン電力によって賄われる急速充電器を複数の法人のEVユーザーによってシェアリングする、新たなサービスの試験的な提供を開始した。第一弾として、静岡県沼津市・沼津郵便局の敷地内に新たに急速充電器を設置し、同日から2022年1月末頃まで、周辺地域の12社・1団体を対象にサービスを提供する。

サービスの名称は「グリーン・チャージ・シェアリング(仮称)」。完全会員制で運用する。会員となった各法人のEVユーザーは自社で充電設備を保有する必要がなく、専用アプリの予約システムから、充電したい充電器や時間帯(1時間単位の枠)を選択することで業務スケジュー ルに適した時間帯に確実に充電できる仕組みだ。また、充電に使われる電力は再生可能エネルギー由来100%のカーボンフリー電力であるため、走行中のCO2排出量をゼロにすることができる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 67 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.