> > フェイスブック日本版でも、気候変動に関する情報の提供開始

フェイスブック日本版でも、気候変動に関する情報の提供開始

Meta(米国)は11月1日より、気候変動に関する正確な情報と有益なリソースへのアクセスを促す「気候学センター」を、日本を含む100以上の国に拡大し、気候変動対策を推進する取り組みを拡大する。

同社は、2020年に、Facebook上に「気候学センター」を設置。気候変動に関する政府間パネルや国連環境計画をはじめ、世界200以上の主要な気候関連組織が提供する事実に基づくリソースの提供や日常生活の中で取り入れられる気候変動対策の方法を発信している。今後は、利用者が自分の国の現状と必要なアクションについての理解を深められるよう、各国の温室効果ガス排出量に関する約束と目標の達成状況を確認できる新しいセクションを追加するという

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.