> > 損保ジャパン、太陽光パネル再活用へ新サービス 被災後の再使用・資源化促進

損保ジャパン、太陽光パネル再活用へ新サービス 被災後の再使用・資源化促進

画像はイメージです

損害保険ジャパン(東京都新宿区)とSOMPOリスクマネジメント(同) は11月1日、自然災害により被災した太陽光パネルの保険金支払い時に、リユース・リサイクルできる業者を紹介し、今まで廃棄されていた太陽光パネルを再活用するため新たなサービスを開始したと発表した。

SOMPOリスクマネジメントが持つ専門的な知見から、太陽光パネルの損傷の程度・規模に応じてリユース・リサイクルの可能性を判断し提携している業者を紹介するサービスと、リユース・リサイクルの活用を推奨する新特約の販売を10月から開始した。 同社によると、自然災害により被害を受けた太陽光パネルのリユース・リサイクルのサービスは損害保険業界初だという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.