> > 野村不動産、国内初・分譲マンションで電気・ガスCO2排出ゼロ 東京ガスと

野村不動産、国内初・分譲マンションで電気・ガスCO2排出ゼロ 東京ガスと

広場イメージパース(出所:野村不動産)

野村不動産(東京都新宿区)は11月9日、東京ガス(同・港区)と連携し、電気・ガス併用の新築分譲マンションでは国内初となるCO2排出量実質ゼロのマンションを建築すると発表した。第1号物件として神奈川県相模原市の旧伊勢丹跡地に2025年3月に竣工予定の新築分譲マンション「(仮称)相模大野4丁目計画」において取り組みを進める。

CO2排出量実質ゼロの実現にあたっては、東京ガスが687戸全戸にカーボンニュートラル都市ガス」を、また、マンション内で使用する電気については、実質再生可能エネルギー100%の電気料金プラン「さすてな電気」を供給する予定。また、集合住宅向けエネファームを含む高効率設備の採用、高断熱化等、住宅性能を高め、省CO2化を図る。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 85 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.