> > 伊藤忠エネクス、日本初・カーボンニュートラルGTL燃料を提供 オフ車向け

伊藤忠エネクス、日本初・カーボンニュートラルGTL燃料を提供 オフ車向け

オンラインでの調印式の様子より。(左)Shell MDS Vice President Amir Bakar氏/(右)伊藤忠エネクス産業ビジネス部門長 千村裕史氏(出所:伊藤忠エネクス)

伊藤忠エネクス(東京都千代田区)は11月11日、建設機械・重機やフォークリフト、発電機などオフロード車両に使用できる軽油代替燃料として、日本で初めて「カーボンニュートラルGTL燃料」の提供を開始すると発表した。

同社は、脱炭素化への継続的な取り組みとして、Royal Dutch Shell(Shell)の子会社であるShell MDS(マレーシア)とカーボンニュートラルGTL燃料の購入契約を締結した。GTL(Gas to Liquids)は、天然ガス由来の製品で、環境負荷の少ないクリーンな軽油代替燃料をいう。GTL燃料は、「オフロード」と呼ばれる公道ではない道で使用する、ナンバープレートの付いていない車両用(建設機械・重機、フォークリフトなど)として使用することができる。GTLは、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 52 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.