> > 五島市ブルーカーボン促進協議会設立、21年度48.6tの吸収・固定目指す

五島市ブルーカーボン促進協議会設立、21年度48.6tの吸収・固定目指す

ブルーカーボンオフセット制度(出所:長崎県五島市)

長崎県五島市は11月11日、五島市ブルーカーボン促進協議会の設立を発表した。磯焼け対策のさらなる促進に向け、組織体制の構築、藻場再生活動の実施に加え、同市独自のクレジット認証制度の創設などに取り組むという。2021年度事業では、計48.6トンのCO2吸収・固定を目指す。

海藻藻場によるCO2の吸収、炭素の固定は「ブルーカーボン」と呼ばれ2009年に国連環境計画(UNEP)が報告書を発表したことにより「2050年カーボンニュートラル」の目的達成に向けた吸収源対策として期待されている。近年では全国的に「磯焼け」と呼ばれる海藻藻場の消失減少が続いており、同市では2019年に「磯焼け対策アクションプラン」を策定し、長期的に藻場回復事業に取り組んでいる。

ブルーカーボンオフセット制度創設など検討

同協議会の事業内容は以下のとおり。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.