> > 東北大、疑似固体リチウムイオン電池の3Dプリント製造技術を開発

東北大、疑似固体リチウムイオン電池の3Dプリント製造技術を開発

クリックで拡大します
3Dプリントで造形した疑似固体リチウムイオン電池の模式図と3Dプリントの様子(出所:東北大学)

東北大学(宮城県仙台市)は11月11日、疑似固体リチウムイオン電池の3Dプリント製造技術を開発したと発表した。任意の大きさ・形状の電池を製造でき、EVから医療用まで、固体リチウムイオン電池の幅広いニーズにオンデマンドで対応し製造することが可能だという。

東北大学多元物質科学研究所 雁部祥行技術職員、小林弘明助教、本間格教授らの研究グループは、リチウムイオン伝導性イオン液体電解質の3Dプリント技術を開発することで、固体リチウムイオン電池を室温・短時間でオンデマンドに3Dプリント製造する技術開発に成功した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.