京急グループ、TCFD賛同を表明 初の統合報告書も発行

  • 印刷
  • 共有
非化石証書付電力によるCO2排出実質ゼロの仕組み(出所:京浜急行電鉄)
非化石証書付電力によるCO2排出実質ゼロの仕組み(出所:京浜急行電鉄)

京浜急行電鉄(横浜市西区)は11月11日、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言へ賛同を表明した。また同日、同社グループとして初めてとなる「京急グループ統合報告書2021」の日本語版を京急WEB上に公開した。

同社グループでは、2021年5月に策定した長期経営戦略において「コーポレートサステナブル戦略」を掲げ、ESGへの取り組みを経営のベースと位置付けた。また、取り組みを定量的・定性的に評価する非財務KPI(重要業績評価指標)を設定し、ESG経営の徹底を図っている。今後、TCFD提言に基づく気候関連財務情報の開示を順次進めるとともに、気候変動問題について適切な対応を推進し、サステナブルな社会の実現を目指す方針だ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報