> > 太陽光発電協会、傾斜地設置・営農・水上設置型の設計・施工ガイドライン発行

太陽光発電協会、傾斜地設置・営農・水上設置型の設計・施工ガイドライン発行

画像はイメージです

太陽光発電協会(JPEA/東京都港区)は11月12日、「傾斜地設置型」「営農型」「水上設置型」の太陽光発電システムの設計・施工ガイドライン(2021年版)を作成し公表した。

近年、太陽光発電の建設に適した場所の減少に伴い、傾斜地や農地、さらには水上へと、その設置環境が拡大している。これらの特殊な設置環境での太陽光発電は、一般的な地上設置型の太陽光発電に比べ設計や施工上の難易度が高く、地方自治体の条例において施設への要求事項として安全対策が求められつつある。しかし、これまで、それらを満たす方法については具体的に示されていなかった。これらの設備の設計・施工に関する知見が極めて少なく、また、その知見が集約されてこなかったためだ。

そこで、今回、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として、これまでに得られた知見をまとめ、「地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドライン 2019 年版」に、特殊な設置環境の構造設計、電気設計・施工の項目を加えた設計・施工ガイドラインを作成した。

なお、この事業は2022年度末まで継続され、今後、各種設置形態への適用性をより向上させるため、現在実施中の各種実証実験結果などを反映し、今後、さらにガイドラインを改定する予定。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.