> > ABBら、100%堆肥化可能なパッケージ開発で協業 使い捨てプラ削減へ

ABBら、100%堆肥化可能なパッケージ開発で協業 使い捨てプラ削減へ

成形繊維製造セル(MFC)(出所:ABBロボティクス)

ABBロボティクス(ABB/スイス・チューリッヒ)は11月17日、持続可能なパッケージを提供しているZume(米国・カリフォルニア)と、植物由来の農業資材を原料とする100%堆肥化可能なパッケージの開発について提携することで合意したと発表した。ABBは今後5年間で、世界中のZume社の顧客の拠点に1,000を超える成形繊維製造セル(MFC)を提供し、使い捨てプラスチック削減を目指すとともに、生産を自動化し、植物由来パッケージ製造コストの削減を目指す。

Zume社が製造する包装材は、竹・小麦・藁など、農業収穫された植物材料の残さからつくられている。そのため、使用後は簡単に分解できるほか、水やエネルギーの使用量はプラスチック包装の生産や廃棄に比べて少なく、CO2排出量を削減することができる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 42 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.