> > 三井化学、再利用が困難な廃プラのリサイクル実用化に向けた取り組みを開始

三井化学、再利用が困難な廃プラのリサイクル実用化に向けた取り組みを開始

クリックで拡大します
三井化学グループのリサイクルの取り組みについて(出所:三井化学)

三井化学(東京都港区)は11月18日、マイクロ波化学(大阪府吹田市)とともに、これまでリサイクルが難しいとされてきたポリプロピレンを主成分とする混合プラスチックASRやSMCなどの廃プラスチックを、直接原料モノマーにケミカルリサイクルする技術の実用化を目指す取り組みを開始したと発表した。

今回、両社が取り組む技術は、廃棄プラスチックをオイルに戻してからモノマー化する油化手法よりもワンステップ少なくプラスチックに戻せるため、効率的であるとともに、将来的には分解プロセスに使用するエネルギーを再生可能エネルギー由来の電気を使用することでCO2排出量の削減が可能となるという。現在、初期検討を終えた段階だが、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.